身近な建築人 束石/つかいし:建築用語
2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.01.07 (Mon)

束石/つかいし:建築用語

WebMaster一般のお客様が知っておいても損にはならない?建築用語を、わたくしなりの切り口でご説明します。





投稿者束石(つかいし)


床組の大引を支える床束の下に設ける礎石のこと。

古くは堅石が使われていました。
現在では、コンクリート製品、もしくはコンクリート現場打ちとするのが一般的です。
小さくても、150ミリ角程度で、直近の地盤面より50ミリ以上高くします。

床束・画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
床束


在来工法の木造床組は、一般的に次の通りです。

柱が建つ壁面には、布基礎が設けられ、その上に土台を乗せます。
土台と土台の間、半間(通常910ミリ)ごとに大引を渡します。
その大引を半間おきに支えるのが床束で、その下に束石が設けられます。

したがって束石は、半間ピッチの格子状で配置されます。

束石・画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
束石


束石は、床の荷重を地盤に伝えるほか、床束の腐食を防止する役目もあるので、べた基礎でも省略は出来ません。

関連用語:床束(ゆかつか)

子供すやすやコーヒーブレイク、紳士服バーゲンのご紹介。


ショップはRUBBERSOUL 楽天市場店です。


MENS:ミリタリーデザイン【NYLON100%】N-2B・TYPEジャケット


MENS:WASH加工【N-2B】防寒ファイアーマン・ジャケット

キング後半は、またまた余計なコメントです。


【More・・・】

大引が地盤側とは反対方向に、むくり上がることがあります。
束石と床束の間に隙間が出来るので、歩くと「コトコト」と乾いた感じの床鳴りがします。

むくり上がりを防止するためには、番線やボルトをべた基礎や束石に埋込み、大引を地盤側に引っ張ります。

べた基礎では木製の床束に代えて、プラ束が使われることも増えています。
束石を省略でき、シロアリ対策にも有効です。

プラ束・画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
プラ束


尚、ウッドデッキのように布基礎を設けない束立て基礎の場合は、ズレ防止のために羽子板付の束石が使われます。

応援よろしくお願いします。



おかげで、2位です。ありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ


スポンサーサイト

テーマ : **暮らしを楽しむ** ジャンル : ライフ

タグ : 束石 床束

EDIT  |  18:34  |  アドバイス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。