身近な建築人 業界実話:お客さん、気をつけて!
2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.12.05 (Wed)

業界実話:お客さん、気をつけて!

兵士2独立して14年。この仕事に関わり4半世紀、私が経験したり耳にした実話です。





直営工事について

お客様自らが施工者となる工事形態です。
ほとんど全てを自分の手で造りあげる、器用なお客様もいらっしゃいます。たいていの場合は内装や塗装だけとか、工事の一部をお客様が手がけることが多いようですね。

また、工種ごとに見積や資料を集めて分離発注し、自ら管理することもあります。
その多くは、設計を依頼した設計士に工事監理を委託し、施工業者や材料納入業者等を紹介してもらう形態となっています。

直営工事は、請負と違い工事原価の透明性が増し、自分の思い通りの家造りが出来ます。
雑誌などで、成功例も数多く紹介されています。
しかし、落とし穴もあります。

後半で、実例をあげます。参考にしてください。

徒然に寒くなりましたね~繰り返し使えるカイロのご紹介



【12月5日販売開始!】SANYO eneloop kairo KIR-S2S エネループカイロ 2007バージョン
ここしか在庫がありません。品薄希少。お早めに!


引用

約3時間の充電で5時間から7時間作動するが、なんと言っても便利なのは、使わないときはスイッチを切って、発熱を止められることだろう。これは使い捨てカイロも、オイル式のカイロもできなかったこと。



ZIPPO ハンディウォーマー (オイル充填式カイロ)

引用

25mlのオイルの注入で、最長24時間。zippoオイルの売価にもよるが、だいたい24時間で50円程度の燃料費がかかる。また、プラチナ触媒のついたバーナー部分は消耗品で、70~90回の使用で交換(換えバーナーは735円)も必要になる。


【More・・・】

キング実話:納入業者の巻


材料や器具は自分で手配したいというケースです。
人任せにしないで、安くて良いものを自分で吟味したい、という気持ちはよく分かります。

しかし、お客様手配の納入業者が不誠実だと、こんなことがあります。

納入のごまかし

納品した材料を多めに計上する例です。
胴縁や根太を一束や二束多めに計上するのは当たり前、棟上げの時に、コンパネを50枚余計につけだしてきた業者もいます。

会社ぐるみでやることもありますが、仕入れ担当者が小遣い稼ぎでやることもあります。
仮に、知り合いの現場に半値で納品すれば、その半値分はポケットマネーです。

言葉巧みに

超高級材料を「特別にあげます」と、お客様にさんざん恩をきせて納品されたこともあります。
クライアントは「タダ」と勘違いしたらしいのですが・・・
この「あげる」は、滅多に手に入る品物じゃないので、売るには惜しいけど、「特別に売って」あげるの意味です。

結局、かなり割高に

私が総請けする場合の材料見積書を、そのまま納入業者に見せたお客様もいます。
そのお客様としては、私が見積もりしている金額よりは安くなるようにと、駆け引き抜きの誠意で行ったと仰っていました。

しかし、その納入業者は私の単価をそのまま使い、しかも納入数通り(カラ納品も含めて)請求してきました。
見積を他社に見せる弊害を、一般のかたには予想出来ないのも仕方がないですね。
結局、私に請負で発注するより、かなり割高になったのは言うまでもありません。

工事監理と工事管理

設計士に工事監理をお願いすれば、そんなことは起きないだろうと、思われることでしょう。

しかし、工事監理は主として出来型の監理です。
材料の発注から納品チェックという工事管理を望むなら、当然別料金となります。
しかし、現場監督のような工事管理を、設計士に望むのは土台無理な話です。

直営でされる場合は、自己責任の覚悟が必要だと言えます。

ブログランキング



スポンサーサイト

テーマ : コレッてイイかも~!? ジャンル : ライフ

タグ : 直営工事 分離発注

EDIT  |  09:55  |  アドバイス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■私の家

私の家は基本建売だったのですが、紹介者が設計士だった事もあり、途中で注文建築の様な形式に変わりました。

しかし、震災後の職人不足の折、大工の腕が悪かったのか住みだしてからクレーム続出!最終的にお金を返してもらう形でケリをつけましたが、販売主はかなり赤字だったと思います。

でも、今はその家も一人暮らし…。

使っている部屋も一つだけ…。

…。
BOSS |  2007.12.06(木) 05:17 |  URL |  【コメント編集】

■BOSSさん

コメントありがとうございます。
途中から注文住宅に変わったことが、1番の原因かもしれません。

建て売りでは工夫は不要です。注文住宅となるとそれなりの工夫が要求されます。

建て売りの業者が注文住宅をこなすほどの技量や知識に欠けていることは、実はよくある話しなんです。

大工も同じです。

災難だったですね。
うえまつ |  2007.12.06(木) 10:56 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。