身近な建築人 シーリングの使用方法と注意事項
2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.11.26 (Mon)

シーリングの使用方法と注意事項

前回の記事で、シーリングの概要を説明して、その後半で、シーリングの購入までを書きました。

兵士2そこで今回は、シーリングの使用方法と注意点をご説明します。


まず、事前に準備するもの。

1.1成分系シーリング材。1本当たりの施工目安は本体に表示されています。化粧目地色に合わせて購入して下さい。

セメダインシリコンコーキング(防カビ剤入)

2.マスキングテープ。緑色などの色付きで幅18ミリ程度のものがお薦めです。バラ売りもあります。

カモ井加工紙 マスキングテープ 3303シリーズ シーリング用No.3303 1パック(7巻入)

3.コーキング用ヘラ。大中小など何種類かセットになったものが市販されています。以前、市販品がないころはナイフなどを代用していました。
指で押さえるのは禁物です。指を痛めますし、人体の脂で化学反応が起こりシーリング材に悪影響を起こします。

INOUE コーキングヘラ(4本セット)

4.コーキングガン。ロータリーハンドルは均一な打ち込みが出来ます。ワンタッチで圧力が抜けると液だれ防止になります。廉価品は壊れやすく錆びやすいので、このあたりがお薦めです。

●タジマ コーキングガン コンボイJ900CNV-J900

5.細めの棒。マスキングテープの巻き取りに使います。割り箸よりは、太くて長めのものなら何でも良いです。

6.木ゴテ程度の手に持てる小さな板。ヘラでならして余ったシーリング材を、こすりつけます。厚紙等で代用出来ます。

7.ウエス(雑巾など)、ティッシュ、古新聞紙、ゴミ袋。シーリング材を拭き取った布や紙を散らかさないようにしましょう。

8.目地が深い場合はバックアップ材を準備して下さい。目地幅ごとにメートル単位で市販されています。紙や布で代用も出来ます。
目地底がない場合はテープ付きが便利です。

酒井化学工業 ミナフォーム マルマル8 Φ8×200mホワイト 1巻

9.出来たら、1番小さい缶でいいので、プライマーも購入して下さい。

コニシボンドシールプライマー#7N

ここで、ワンポイントアドバイスです。

シーリングは幅深さとも10ミリ以上を確保するのが好ましい大きさです。

シーリングの底と躯体の間にバックアップ等の緩衝材を装着すると、望ましい2面接着となります。バックアップ材は代用品でも良いのですが、市販品にこしたことはありません。
バックアップ代(しろ)がないときは、ボンドブレーカーという薄い緩衝材を目地底に貼り付けます。ただし、ムーブメントが大きい躯体に施工するとき以外は、そこまでこだわる必要はありません。

プライマーはシーリング材の接着力を高めます。新規に打ち込む目地の付着面がきれいな場合は省略してもかまいません。ただし、既設との打ち替えの時は、シンナーで拭き上げることもあります。その場合はきれいに拭き上げて、プライマーを必ず塗布して下さい。

古い劣化したシーリングは撤去して、新たに打ち替えるのが基本です。打ち代(しろ)がある場合は増し打ちしても良いと思います。

ここで、ご説明しています代用や省略は、日曜大工のような小工事を想定しています。不要と省略して良いは意味が違います。念のために申し添えます。

後半で、作業手順などをご説明します。

【More・・・】

子供にこにこ続いて、作業の流れ。


1.充填ヶ所は十分に乾燥していること。ゴミ・汚れは除去して下さい。

2.バックアップ材を所定の深さになるように装着します。

3.目地に沿って必ずマスキングテープ(養生テープ)を貼り付ける。テープが貼れれば、乾燥しているという確認にもなります。

4.プライマーを塗布する。

5.シーリング材のノズルは目地の幅に応じて切断して下さい。小さすぎると充填不足になります。

6.コーキングガンを使い、ノズルの先端で多少押さえ目に、目地より少し盛り上がる程度まで十分に打ち込みます。

7.交差部やコーナーを起点に、左から右、上から下と順序よく、あわてずゆっくり丁寧に、間をおかず打ち込みます。

8.施工規模にもよりますが、ある程度打ち込んだら、硬化する前にその都度ヘラで押さえて、テープを剥がして下さい。硬化し始めてから押さえたのでは手遅れです。

ここで、きれいに仕上げるコツをご紹介。

1.マスキングテープは目地にかぶらないように貼ります。1ミリ程度は離れているくらいがかえって通りよく仕上がります。
交差部やコーナーは切断せずに折り返して貼ると、テープを剥がすときに都合良く撤去出来ます。

2.ノズルの切断はやや斜めに切って、打ち込み角度に合わせると扱い易いと思います。

3.打ち継は交差部やコーナーを避け、直線でします。

4.ヘラで一度押さえ込んだら、何度も押さえて手直しをしてはいけません。思い切りと割り切りが大切です。
自信がないときは、目立たないところで練習してみましょう。

5.ヘラやノズルの先端はマメに拭き上げて下さい。

5.ヘラ押さえが終了したら、順次テープを剥がします。後からまとめて剥がすと硬化が始まっていて、きれいに剥げないことがあります。

6.テープを撤去する際は、ゆっくり丁寧に目地とは反対方向に引っ張りながら剥がしていきます。必ず、棒状のものに巻き取りながら行って下さい。

7.変性シリコンはシリコンに比べて、かなり柔らかめで粘着性も強いので、何度も拭き上げないと拭き取りがきれいに出来ません。
同じウエスを使い続けると、手や衣服を汚すもとになります。衣服に付いたシーリング材は容易には落とせません。ウエスは多めに用意しておきましょう。

8.シリコンは1時間程度で表面を触っても大丈夫なくらいに硬化しますが、半日以上は養生期間を置いて下さい。

9.変性シリコンはまる1日の養生期間を置いて下さい。冬場、塗装をする場合は2日以上の間を置く必要があります。

セメダイン変性シリコーン ポスシール

最後に、注意点。

1.続けて使用するのであれば、ノズルの先をテーピングするなどして再使用出来ます。ただし、少しでも硬化が始まっていたら使用を止めてください。使い残しは廃棄するのが原則です。

2.保管は直射日光の当たらない湿気のない場所で行います。ただし、未開封でも1年も経つと硬化している場合があります。必要以上に購入しないようにしましょう。

3.簡単なシーリングは自分でやるのも楽しいものです。
しかし、たかがシーリング、されどシーリングです。やり方次第で、却って水仕舞いが悪くなることもあり、シーリングを打ってはいけない場所もあります。

これは、実話です。
サイディングの釘頭からの漏水を心配して、釘頭の全てにシリコンを打った素人のかたがいます。クリアーですので最初は透明ですが、すぐに真っ黒な斑点となって、せっかくの外壁を台無しにされてます。

外装などの重要な部分は、信頼出来るプロに施工を依頼しましょう。

ブログランキング


スポンサーサイト

テーマ : 生活の中で ジャンル : ライフ

タグ : プライマー バックアップ材

EDIT  |  15:46  |  アドバイス  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。