身近な建築人 管柱( くだばしら)
2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.11.08 (Thu)

管柱( くだばしら)

WebMaster一般のお客様が知っておいても損にはならない?建築用語を、わたくしなりの切り口でご説明します。





投稿者管柱 (くだばしら)


1階や2階のその階だけに使われる柱のこと。
1階から2階までを貫通して使う、通し柱と区別されます。

一般住宅では、管柱は3.5寸角(105ミリ×105ミリ)を使い、通し柱は4寸角(120ミリ×120ミリ)を使います。

下部は土台に、上部は梁に接続して荷重を支えます。

関連用語:通し柱(とおしばしら)

画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。



【More・・・】

キング余計な?コメント


3.5寸角の呼称で、103ミリ×103ミリ程度のやや小ぶりの柱が、一般的に流通しています。
図面で特に指定がない場合は、こちらが使われます。梁幅も同じです。

このために、105ミリ角の柱を正3.5角と呼んで特に指定する場合もあります。

このように、呼称と実寸にやや差があります。そして、金額差は寸法差以上に大きくなります。

ブログランキング



スポンサーサイト

テーマ : 住まい ジャンル : ライフ

EDIT  |  11:29  |  建築用語  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。