身近な建築人 安心安全
2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.09.04 (Tue)

安心安全

今朝、テレビで、またまた欠陥住宅を取り上げていました。

朝の忙しい時間帯だったので、仕事をしながら見ましたが、あまりのひどさに唖然となり、最後には怒りがこみ上げました。

要点は次の通りでした。

新築して一週間足らずで、ボイラーが爆発して家は哀れ水浸し。しかも、基礎が外断熱のため湿気が逃げ切らず、今では家中カビだらけ。異臭で目眩がするほど。

事故の原因は、減圧弁他の安全装置を付けていなかったため。
裁判では7000万円の要求に対して、1600万円の支払命令が下ったそうです。

ここでは、裁判の妥当性云々より、同じ建築業者として、建築の観点からもの申したいと思います。

ボイラーの施工業者が手抜きをしたのは明白です。
しかし、この手抜きがどれほど悪質で、危険であるかは自明のこと。その恐ろしさは専門業者であればあるほど明白で、まともな神経ではとても出来ません。


では、何故、手抜きをしたのか?

姉歯事件でクローズアップされましたが、建築業界の体質が背景にあります。
元請け、下請け、孫請け・・・
下に行けば行くほど、価格は下げられ、適正な施工など望めない状況も多々あるようです。

普段お世話になっているから、今回は利益を度外視してご奉公。次回にこうご期待。

こんな感じで、建設業独特の、厳しいけどいい加減な縦社会の構造も、日本人の真面目な気質で守られてきました。
そうは言っても、多少の手抜きが横行するのは当然ですよね。

そうした体質の中に、どっぷりと浸かっていると、感覚が麻痺してきて、手抜きもエスカレートします。
最後には、耐震構造事件のような顛末を迎えます。

またか・・・と、今回もため息がでるばかり。

元請けの工務店は、忙しいからとインタビューを断る体たらく。
事実、忙しいご様子。
マスコミがウザイとはいえ、その対応には誠意も感じられず、責任感の欠如を感じます。

皮肉にも、看板には「安心安全」と書いてあるそうです。
言語同断!

第2の疑問。
何で、こんな業者が仕事を受注できるのか?

想像するに、徹底した低価格戦略を展開しているのかもしれません。
到底施工不能な安い見積で受注して、あの手この手で設計変更に持ち込み増額させる。

かなわぬ時は、下請けを叩きまくり、(暗黙の内に)手抜きを了承して帳尻を合わせる。


安い金額でいいものを手に入れたい。
人間誰しも思うことです。
しかし、安い高いは常識の範囲。程度の問題です。度が過ぎるときは、要注意です!

とは言え、何が適正価格か一般のクライアントには分かりませんよね。
マンションとかなら比較も容易です。しかし、注文住宅、ましてやリフォームの事前比較は到底不可能です。


では、では、本題です。

悪徳業者の見抜き方。



1.打合せは入念に。
われわれプロ同士でも、図面と仕様書だけでは受取りミス、勘違いも起こります。疑問に感じたことは、何でも聞かなくてはなりません。
どんな些細なことでも真摯に答えない業者は失格です。

2.何を聞けば良いか分からない。
これも、良く耳にします。
的確に伝えようとするから、質問も見失います。イメージとか思いこみを伝えることです。
お客様のおぼろげな想いを引き出し、具体化することこそが、我々の使命です。

3.決して、ひと任せにしない。
信じられないことですが、建築のけの字も知らない人が、勉強次第で2級建築士にならなれます。
そして、建築という崇高な業を、金儲けの手段としか感じていない業者もいます。
そんな相手に大金を任せて、夢が実現出来るはずがありません。

4.見積書と図面。最後に契約書。
規模にもよりますが、正式で詳細な図面と見積を取りましょう。口約束は信用できません。
逆に業者の立場から言うと、具体的に確認がとれていない工事は怖くて出来ません。
少しでも、疑問や懸念が生じたら、契約を見合わせる勇気も必要です。

5.結局は自己責任?
こう言ってしまうと身も蓋もありません。でも、これも事実です。
お客様の側にそれなりの熱意と努力があれば、悪徳業者には騙されずにすむと思います。




かく申すわたしは・・・
ほぼ100パーセントが元請けですが、しがらみで下請けをしたときに限って、空手形を掴まされます。(×_×)
独立して14年、何度かあります。

自戒の意味も含めて、記事を書きました。




スポンサーサイト

テーマ : **暮らしを楽しむ** ジャンル : ライフ

EDIT  |  14:32  |  アドバイス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。