身近な建築人 Q&A:フローリングのお手入れ
2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.10.22 (Mon)

Q&A:フローリングのお手入れ

お客様からたびたび尋ねられることを、Q&A方式で記事にします。



質問フローリングの普段の手入れや、注意することを教えて下さい。

回答ちょっとした気配りが大切です。日頃のマメなお手入れが、美しさを保ちます。


まず、主な注意事項は次の通りです。

1.使用する前に、必ずワックスを塗って下さい。
最初が肝心です。引渡を受ける前に、プロにワックスを塗ってもらいましょう。

2.水は大敵です。
無垢のフローリングでも、貼り物のフロアーでも、木質床材は本質的に水気を嫌います。長時間濡れたままにしておくと、ひび割れやシミ、変色の原因になります。すぐに拭き取って下さい。
例えば、脱衣場の湯上がりマットを敷きっぱなしにしておくのは止めましょう。

3.直射日光は色むらの原因になります。特に西日はカーテン等で遮って下さい。

4.温度にも注意が必要です。
ホットカーペットや暖房器具の熱が直接当たらないように、断熱性のあるマットやシートを敷きましょう。

5.薬品、コーヒー、醤油、灯油、アルカリ性洗剤をこぼしたら、すぐに拭き取って下さい。

6.冷蔵庫などの重量物には保護板などの緩衝材を敷いて、重量を分散させましょう。

7.椅子やテーブルの下にはカーペットを敷くか、脚にフェルトを貼って下さい。

8.ペットを室内で飼われる場合は、フローリングは滑るのでペットには優しくありません。
爪で表面を傷つけます。シートやカーペットを敷いて下さい。

次に、日常のお手入れと、メンテナンスをご説明します。

1.普段はゴミやホコリを取り除き、乾いた雑巾やモップで拭きましょう。
ただし、科学雑巾は水濡れヶ所には使用しないこと。そして、科学雑巾をフローリング上に放置してはいけません。

2.汚れがひどい場合は、中性洗剤を水でうすめて、固く絞って拭き取って下さい。

3.半年に1度は、ワックスがけをしましょう。

画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
床ワックス




徒然に入居後はご自分でワックスがけをされると思います。


手順と注意事項を簡単に書きます。

1.天気の良い日に、窓を開けて行いましょう。雨天時や真冬は避けて下さい。

2.汚れは十分に取り除きましょう。水ぶきをしたときは、乾くまで待ちます。
ワックスがけの直前の掃除には科学雑巾は使用してはいけません。

3.ワックスはきれいな雑巾にふくませて、しずくが落ちない程度に絞って、木目方向に沿って薄くムラなく均一に塗ります。
多すぎても、少な過ぎてもいけません。適量が肝心です。

4.乾くまでは歩けません。ワックスがけのコースを決めてから、逃げ場所を確保して下さい。
乾燥時間は20分から30分程度です。

5.油性と蝋成分のワックスは使わないで、樹脂ワックスを使いましょう。
樹脂ワックスにも、アクリルとウレタンがあります。木質床材にはウレタン樹脂ワックスの方が向いています。

普段の手入れやメンテは面倒くさいという方には、フロアコーティングがあります。
詳しくはこちらをどうぞ。


ESHA フローリングワックス 1L

ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : 家作り日記 ジャンル : ライフ

タグ : フローリング ワックス コーティング

EDIT  |  20:38  |  アドバイス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。